個人の税金 新型コロナウイルス関連情報

学生が大学から受けた経済的支援は課税されるのか?

 

調べてみると、各大学、新型コロナウイルスの影響を受ける学生に対して、色々な支援をしているようです。

例えば、近畿大学では経済的支援のひとつとして、下記のようなものがあるようです。

 

1. 学校法人近畿大学が設置するすべての大学・学校(通学課程)で学ぶ学生・生徒・児童・園児全員に対して、オンライン授業等の学修環境整備を含めた自宅学修支援金として一律5万円、学園全体として総額で約23億円の支援を実施します。
(参考:対象人数 令和元年(2019年)5月1日現在46,473人)

 

このような支援を受けた近畿大学の学生は、税金を払わないといけないのでしょうか?

答えは、NOです。

経済的支援のほとんどが学資金という非課税所得に該当するので、所得税の課税対象とはなりません。

ただし、一部課税される支援金もあるので、そのあたりを含めて確認していきたいと思います。

 

学生が大学から受けた経済的支援は課税されるのか?

先ほど、近畿大学の事例を紹介しました。

そこでは、「オンライン授業等の学修環境整備を含めた自宅学修支援金として」と目的を明らかにしています。

これは、学校で学ぶための環境整備費用で、所得税法に規定する非課税所得に該当すると考えられますので、課税されないことになります。

 

学資に充てるため給付される金品(中略)及び扶養義務者相互間において扶養義務を履行するため給付される金品

所得税法9条1項15号

 

しかし、大学側からの支援金の目的が、学資に充てるためではない場合は課税される可能性があります。

 

 一人暮らし学生への一律金の支給

支援金の給付目的が、「生活費の支援として」だったり、「使途を決めていない」となると、支援を受けた学生側では、非課税所得とはなりません。

一時所得となってしまいます。

 

一時所得とは、働いたり、モノを売ったりせず、一時的に入ってきた収入で、懸賞や賞金、満期保険金、家の立退料などが該当します。

また、すべてが課税の対象になるのではなく、経費と50万円の特別控除額が控除でき、控除後の金額の1/2が課税されます。

 

一時所得で課税されることはほとんどないかもしれませんが、場合によっては(競馬などが趣味の人は注意)課税される可能性もあります。

 

さて、関西大学での支援策のひとつに、一人暮らしの学生に一律5万円を支給するそうです。

この支援金の給付目的は、このようなかんじです。

 

本学といたしましては、新型コロナウイルス感染症の影響に関して、とりわけ一人暮らしの学生(下宿生・寮生、外国人留学生・留学生別科生)にとって、家賃(寮費を含む)、生活費に加え、オンライン授業に対応するためのネット環境整備費用等も生じうることから経済的負担が大きいと判断し、これらの皆様に対し5万円の一律金を支給することといたします。

 

関西大学では、支援金の給付目的に生活費の支援としつつも、学資に充てる支援にも言及していますよね。

この場合、個人的には、全額学資の支援として問題ないのかなと。

大学側が学資に充てる支援の文言を含めることで、学生に課税されないよう配慮したのかなと思っています。

 

新型コロナウイルスに感染した学生への見舞金の支給

少ないかもしれませんが、新型コロナウイルスに感染した学生に大学側が見舞金の支給をする場合、これも、所得税法では非課税所得とされているので、課税されません。

これは新型コロナウイルスに限った話ではなく、台風や災害などで見舞金の支給がされた場合も同様の取扱いとなります。

 

(前略)心身に加えられた損害又は突発的な事故により資産に加えられた損害に基因して取得するもの

所得税法9条1項17号

 

まとめ

学生が大学から受ける支援金については、新型コロナウイルスの影響はそれほど関係なく、支援金の目的や、使途によって課税対象となるのか、非課税所得になるのかが変わるというお話でした。

 

話は変わりますが、GW明けから、なんとなく人の動きが戻ってきているような印象です。

良い悪いは別として・・・

個人的には早く日常に戻して欲しいなと思っています。

もちろん、ひとりひとりが感染拡大防止を意識してです。

最近、ほんとうに楽しくなくて、飲酒量が増えて、疲れてきました笑

 

雑感

2021/4/23

中小企業のバックオフィス業務って?【総務・労務・経理のしごと】

バックオフィス業務とは、ざっくりいうと会社に直接利益をもたらさない間接業務。 直接利益をもたらさないといっても、会社を土台からささえる重要な役割を担っています。 具体的なバックオフィス業務とは、総務・労務・経理といった仕事に大きく分けられます。 それぞれの仕事はこのようなイメージ。   総務・労務・経理のしごと 総務・・・会社の営業活動をサポート。備品管理や社内の環境整備、社外とのおつきあい、法務なんかもここに含まれる。 労務・・・会社で働くヒトをサポート。社員の入退社手続きや社会保険、給与、就 ...

ReadMore

経理効率化

2021/4/8

消耗品費と事務用品費のちがい【使い分けは必要なのか?】

先日、自身の帳簿づけをしているとき、これって消耗品費やったかな?事務用品費やったかな?となってしまいました。 結果的に消耗品費だったわけですが、ムダな時間(ほんの一瞬でしたが)を過ごしてしまったなと。 なにがムダなんだ? と思われるかもしれませんが、ムダな時間というのは、自分の帳簿づけのルールを確認した時間。 消耗品費と事務用品費をちゃんと使い分けろという会計基準や税法なんかないので、どっちでもよかったわけですが、自社で一度決めたルールを継続して帳簿づけするということは大事です。 ですので、過去に自分はど ...

ReadMore

雑感

2021/4/5

スポットの税務調査の依頼が増えてきた…

いまは4月15日まで新規の税務調査は行われないのでは? そうなんです。 じつは、例年、2月16日から3月15日までのいわゆる確定申告の時期は、新規の税務調査は行われません。 また、今回は緊急事態宣言の影響で、確定申告期限が4月15日まで1ヶ月延長されたこともあり、新規の税務調査が行われない期間も同日まで伸びることとなっています。 実際、同業者からも税務調査が行われたとの話は聞きません。 しかし、わたしのもとにはスポットで税務調査に対応してほしいとの依頼が増えてきています。 今回の依頼内容とは関係ありません ...

ReadMore

会計・経理 当事務所の考え方

2021/4/11

freeeに対応したサービスはじめました

  クラウド会計ソフトであるfreeeに特化した新たなサービスを開始しました。 クラウド会計の導入を迷っているんです クラウド会計を導入したいけど、いま関与してもらっている税理士が対応していないんです クラウド会計って結局のところ何が良いのかわからない クラウド会計でもfreeeとマネーフォワードどちらが良いのかわからない   このような方々にむけた記事です。 クラウド会計について、ギモンや悩みを持つそんなあなたには、当事務所のサービスがぴったり! ということで、宣伝がすこし入るかもし ...

ReadMore

ブログ

2021/3/28

ブログの再開

ロングバケーションをいただいておりました。 平日毎日ブログをアップしますとかいっておきながら、さいごにブログを書いたのが、2020年の7月30日笑 「このままではあかんな」「どこかのタイミングで再開しなあかんな」とおもいつつもズルズル… 気付けば8ヶ月が経っていました。 くわしくはあとで書きますが、休んだきっかけは一言でいうと、「アクセス数が増えたことで技術的な問題がいろいろ起き、お手上げ状態となった」ためです。   休んでいたあいだでも、定期的にのぞきに来てくださった方々がいらっしゃいます。 ...

ReadMore

-個人の税金, 新型コロナウイルス関連情報

© 2021 松澤税理士事務所