資金調達 新型コロナウイルス関連情報

小規模企業共済からも資金調達できる

 

中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営する、小規模企業共済。

加入者であれば、お金が借りられます。

知ってはいても、小規模企業共済って、資金調達目的で加入するというより、節税を兼ねた将来の退職金や貯金というかんじで加入される方がほとんどなので、資金調達方法としては忘れられがち。

 

実は、いま小規模企業共済では、新型コロナウイルスの影響を受ける共済加入者に向けて、特例措置が用意されています。

まだ、調整中の事項もあるので、簡単にまとめますが、資金調達先として存在を忘れていたという方や、この先の状況が読めない中で金融機関からの借入が不安だという方は、検討してみてはいかがでしょうか。

 

小規模企業共済制度の特例措置

新型コロナウイルスによる特例措置として、4つ用意されていますので、一つずつ確認していきます。

 

特例緊急経営安定貸付け

まず、小規模企業共済制度の特例措置として、「特例緊急経営安定貸付け」というものが実施されます。

これは現在調整中とのことですが、いま明らかになっているのは下記のとおり。

 

注意ポイント

ただし、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて業況が悪化したことにより、1か月の売上高が前年又は前々年度の同期と比較して5%以上減少した契約者の方が対象

 

特例緊急経営安定貸付け

  • 借入額:50万円~2,000万円(掛金納付月数に応じて、掛金の7割~9割)
  • 借入期間:借入額が500万円以下の場合は4年、借入額が505万円以上の場合は6年(いずれも据置期間1年を含む)
  • 利率:0%(無利子)
  • 返済方法:据置後、6か月毎の元金均等払い
  • 借入れに必要となる様式については、現在調整中で、後日掲載される

 

小規模企業共済からの資金調達は、これまでの掛金の範囲内でお金を借りるので、調達できる金額は少なくなってしまう方もいらっしゃいますが、無利子というところは大きいですね。

 

契約者貸付けの延滞利子の免除

これは、以前から契約者貸付けの利用をしていた方で、上記同様、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて業況が悪化したことにより、1か月の売上高が前年又は前々年度の同期と比較して5%以上減少した契約者を対象としています。

返済が滞った場合の14.6%という高い延滞利子を1年間免除してくれる制度です。

一定の申請をすることで、特例を受けることができます。

 

掛金の納付期限の延長等

これも、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて業況が悪化したことにより、1か月の売上高が前年又は前々年度の同期と比較して5%以上減少した契約者を対象としています。

ただし、この方法を選択するより、個人的には掛金の減額申請をする方が多いのかなと思います。

掛金の減額は、1,000円から70,000円の範囲で自由に変更できる(500円単位)ので、こっちの方が良いのかなと。

 

減額をしたくないという方は、申請をすることで掛金の納付を令和2年11月まで延長できますが、翌月の12月からは2ヶ月分の掛金の納付が始まるので、ご注意ください。

 

分割共済金受給者の一括支給(繰上支給)対応

すでに共済金を受取っている方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて業況が悪化したことにより、1か月の売上高が前年又は前々年度の同期と比較して5%以上減少した契約者を対象としています。

分割受取としていた共済金を、一括受取に変更できるというものでしょうか。

 

これについては、申請をするのではなく、相談室へ問合せする必要があるそうです。

 

 

まとめ

今回は、ほぼ中小機構ホームページの内容をお届けしました。

資金調達方法は金融機関からだけではないので、加入者の方は検討してみてください。

 

雑感

2021/4/23

中小企業のバックオフィス業務って?【総務・労務・経理のしごと】

バックオフィス業務とは、ざっくりいうと会社に直接利益をもたらさない間接業務。 直接利益をもたらさないといっても、会社を土台からささえる重要な役割を担っています。 具体的なバックオフィス業務とは、総務・労務・経理といった仕事に大きく分けられます。 それぞれの仕事はこのようなイメージ。   総務・労務・経理のしごと 総務・・・会社の営業活動をサポート。備品管理や社内の環境整備、社外とのおつきあい、法務なんかもここに含まれる。 労務・・・会社で働くヒトをサポート。社員の入退社手続きや社会保険、給与、就 ...

ReadMore

経理効率化

2021/4/8

消耗品費と事務用品費のちがい【使い分けは必要なのか?】

先日、自身の帳簿づけをしているとき、これって消耗品費やったかな?事務用品費やったかな?となってしまいました。 結果的に消耗品費だったわけですが、ムダな時間(ほんの一瞬でしたが)を過ごしてしまったなと。 なにがムダなんだ? と思われるかもしれませんが、ムダな時間というのは、自分の帳簿づけのルールを確認した時間。 消耗品費と事務用品費をちゃんと使い分けろという会計基準や税法なんかないので、どっちでもよかったわけですが、自社で一度決めたルールを継続して帳簿づけするということは大事です。 ですので、過去に自分はど ...

ReadMore

雑感

2021/4/5

スポットの税務調査の依頼が増えてきた…

いまは4月15日まで新規の税務調査は行われないのでは? そうなんです。 じつは、例年、2月16日から3月15日までのいわゆる確定申告の時期は、新規の税務調査は行われません。 また、今回は緊急事態宣言の影響で、確定申告期限が4月15日まで1ヶ月延長されたこともあり、新規の税務調査が行われない期間も同日まで伸びることとなっています。 実際、同業者からも税務調査が行われたとの話は聞きません。 しかし、わたしのもとにはスポットで税務調査に対応してほしいとの依頼が増えてきています。 今回の依頼内容とは関係ありません ...

ReadMore

会計・経理 当事務所の考え方

2021/4/11

freeeに対応したサービスはじめました

  クラウド会計ソフトであるfreeeに特化した新たなサービスを開始しました。 クラウド会計の導入を迷っているんです クラウド会計を導入したいけど、いま関与してもらっている税理士が対応していないんです クラウド会計って結局のところ何が良いのかわからない クラウド会計でもfreeeとマネーフォワードどちらが良いのかわからない   このような方々にむけた記事です。 クラウド会計について、ギモンや悩みを持つそんなあなたには、当事務所のサービスがぴったり! ということで、宣伝がすこし入るかもし ...

ReadMore

ブログ

2021/3/28

ブログの再開

ロングバケーションをいただいておりました。 平日毎日ブログをアップしますとかいっておきながら、さいごにブログを書いたのが、2020年の7月30日笑 「このままではあかんな」「どこかのタイミングで再開しなあかんな」とおもいつつもズルズル… 気付けば8ヶ月が経っていました。 くわしくはあとで書きますが、休んだきっかけは一言でいうと、「アクセス数が増えたことで技術的な問題がいろいろ起き、お手上げ状態となった」ためです。   休んでいたあいだでも、定期的にのぞきに来てくださった方々がいらっしゃいます。 ...

ReadMore

-資金調達, 新型コロナウイルス関連情報

© 2021 松澤税理士事務所