雑感

おっさんの散髪問題で改めて大事だと思ったポジショニングの話

2020年1月16日

男性の方、散髪ってどうしてます?

年が明けてすぐ、無性に散髪がしたくなって、今まで通っていたお店に予約をしようとアプリを確認するも、予約の空き状況とわたしのスケジュールが合わず、かなり先になりそうってことで、思い切って浮気してみたお店が凄く良かったんです。

人によって色々あるかもしれませんが、オシャレに敏感な方、若い方は、男女問わず美容室ってあんまり浮気できませんよね。

お店の要素もありますが、一番大事なのは「人」で、その人の技術などが自分に合うかどうかが判断基準なんだと思います。

わたしの場合もそうで、高校生ぐらいから通っていた美容室は地元だったので、結婚後、引っ越しをしても定期的に通っていました。

今思うと、そのときは「人」を頼りにしていたんだと思います。
つい先日、嫁さんは高校生の時からカットしてくれていた美容師さんから、退職のハガキが届き、戸惑っていました。
その方がどこかで独立するなら、そのお店に通うとまで言っています。

女性の方は男性の方に比べて美容へのこだわりが強いので、ずっと「人」を頼りにしていくのでしょう。でも、わたしは30代ごろから今まで通っていた美容室に行くことに、なぜか抵抗を感じたんです。

原因はわざわざ実家のところまで面倒やな、30超えて女性ばっかりの美容室に入るのが恥ずかしいなとか色々あったんだと思いますが、「人」と天秤にかけて、結局、通うことをやめました。

それからは家の近くに通ったり、職場近くに通ったりと、結構転々としていました。
その時のお店選びは、とにかく近いところで、美容室ではなく、どちらかというと理容室ということを基準にしていました。

で、職場近くのところに一旦落ち着き、一年以上通っていましたが、また、独立をきっかけに環境が変わってしまいました。
独立してからも半年ほど通っていましたが、「なんだかな~」という感じでした。

「なんだかな~」というのは、その通っていたお店、「人」への不満ではありません!
でも、思い切って浮気したお店が「なんだかな~」を解決してくれたんです。

 

Barber the GM

年明けに浮気したお店は、こちら

理容室は町の色々なところにありますが、こちらは一見同じように見えても少し違います。

以下、お店の特徴をわたしの見聞きした範囲でまとめます。

 

予約不要

これ、本当に大きいなと思います。

今まで通っていたお店は予約するのが当たり前で、無性に散髪したくなったときには対応してくれません。

ここではHPから、リアルタイムで待ち状況が確認でき、入店した順番で散髪してくれます。

なので、忙しい方や勤めている方など、休日に散髪に行かなくても隙間時間で散髪してもらえます。

 

散髪は半個室でやってくれる

散髪の時って隣が気になりますよね?

でも、ここは半個室なので、隣が全く気にならず、プライバシーが守られているようで落ち着きます。

 

料金も比較的安い

本町、梅田、肥後橋という立地でありながら、カット、シャンプー、スタイリングで税込み3,700円です。

HPでも明らかにされていますが、基本的なカット、シャンプー、スタイリングのメニューで、所要時間は30分~40分とのこと。

白髪染めはありますが、パーマには対応しておらず、メニューを限定しています。
イメージ的に手間暇かかるサービスは極力省いた感じです。

勝手な解釈ですが、時間がかかるサービスを省くことで回転率を上げているように思います。
必要最低限なサービスを提供しつつ、回転率を上げることで、お客さんの待ち時間が少なく、料金を安くしているので、限定的なサービスでもネガティブな印象を感じることはありません。

 

完全キャッシュレス

人によってはデメリットに感じるかもしれませんが、現金は使えません。

カードだけではなく、スマホ決済などにも対応しています。

このあたりはお客様への対応というより、自社のバックオフィス業務の効率化の色が強いのかなという印象ですが、いずれにしても、時流に沿ったやり方なのかなと思いました。

 

結構はやっているらしい

実は少し前からお店ができていたことは知っていました。

開業して少しの間は暇だったようですが、すぐに忙しくなり、お客様をお待たせする時間が増えてきたため、肥後橋と梅田に出店したようです。
それでも対応できなくなってきたため、本町にもう一店舗増やす予定とのこと。

2018年2月に開業したとのことだったので、開店からわずか一、二年でここまで成長しているんですね。

プレジデントオンラインにも、記事が出ていました。
理容業界の常識を覆すぐらい、従業員さんにも還元できているようです。

Barber the GMの記事

 

まとめ

短期間で、これだけ流行るというのは、今まで散髪に感じていた「なんだかな~」というものをみんなが思っていたのでしょうか。

言葉ではうまく表現できない「なんだかな~」を、一気に解決してくれたようなお店でした。

当たり前だと思っていた予約なんかしなくても良い、そして早くて安い。
また、男性の場合、ある年齢になると、それほど髪型にこだわりがなくなってくる方も多く、ほとんどが刈り上げや、整える、揃えるだけでOKという感じでしょう。
そんな方々には美容師より、理容師の方が技術的にはニーズに合っているとのこと。
確かに、上手いんです。

年明けから改めて、経営、商売ってポジショニングが大事なんやなと思わされました。

-雑感

© 2021 松澤税理士事務所