当事務所ではクラウド会計ソフトである freee(フリー)に特化したプランをご用意しております。

クラウド会計ソフトである freee を導入いただくことで、お客様の経理が効率化できます。

また、当事務所のサービス提供も効率化できるため、ご利用いただきやすい価格設定となっております。

フリーランスや個人事業主、法人といった事業形態や経理状況に合ったプランをお選びいただけます。

 

当事務所のサービスは、ほかの税理士事務所となにが違うのか。

もし自分が税理士に依頼するなら「どんな税理士に関与してもらいたいか」をつねに考え、

お客様への姿勢としています。

プランの最後に、この2点の考えについてまとめていますので、よろしければご覧ください。

 

 

クラウド会計ソフトの freee(フリー)を導入したプラン

クラウド会計ソフトである freee を導入した個人事業主、法人様におすすめのサービスです。

すでに freee を導入されている方はもちろんのこと、導入を検討中の方にもおすすめです。

 

個人事業主のお客様 

 

チェック!

 

こんなお悩みはありませんか?

  • 帳簿のつけ方がよくわからない
  • 数字が合っているのかわからない
  • クラウド会計の効率的な使い方がわからない
  • ひとりで確定申告をするのも不安
  • 節税や、お金のことはある程度知っておきたい
  • freee を使って自分でなんでもできるようになりたい
  • 継続的に税理士に依頼する費用がきびしい
  • 必要最低限の税務会計サービスだけうけたい

 

freee 税務顧問プランは、継続的にサポートしてほしいというお客様向けのプランです。

freee 確定申告プランは1年間で、記帳、資金調達、確定申告のすべてを指導・サポートさせていただく授業料のようなプランです。

すべてのことを自分でできるようになりたいと考えているお客様向けのプランだとお考え下さい。

 

 

サービス内容

freee 税務顧問プラン freee 確定申告プラン

年商1,000万円未満

10,000円/月

年商3,000万円未満

15,000円/月

年商3,000万円以上

20,000円/月~

1年限りの授業料

40,000円/月

 質問・相談
 freee導入サポート
 会計チェック
 記帳相談・経理合理化提案
 経営支援・節税提案
 決算・申告 確定申告報酬50,000円
 決算・申告作成サポート
 訪問 オプション
 チャット・web面談
 資金繰り・金融機関対応 オプション
 金融機関対応サポート
 年末調整 オプション



  • 記帳代行:5,000円/時間
  • 確定申告報酬は事業所得のみの金額です。譲渡所得など他の所得申告が必要な場合は別途料金を頂戴いたします
  • 消費税申告報酬:原則課税25,000円・簡易課税10,000円
  • 訪問:5,000円/時間
  • 資金繰り・金融機関対応:100,000円(成功報酬)
  • 年末調整及び法定調書、償却資産申告書作成:基本料金20,000円+2,000円×従業員数
  • 税務調査の立会い:50,000円/日

  • 報酬設定の基準となる年商は、前年度のすべての収入を加算したものとさせていただきます
  • 金額には freee の利用料は含んでおりません
  • 金額は税抜金額です。別途消費税を頂戴いたします
  • 基本的に訪問はなく、チャットやweb面談ですので全国対応可能です
  • freee 確定申告プランについては、訪問対応ですので、対象エリアは近畿圏とさせていただいております


freee を導入していないけど税務顧問契約は可能?
単発の確定申告はお願いできるの?
freee 確定申告プランは、サービス終了後のサポートはしてもらえるの?

すべて可能です。サービス内容などご説明させていただきますので、

サービスに関するご質問やご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ


 

― 法人のお客様 

 

チェック!

 

こんなお悩みはありませんか?

  • クラウド会計の効率的な使い方がわからない
  • いまの税理士がクラウド会計に対応していない
  • 税理士に依頼する費用が高くなりそうで不安
  • 税理士には融資のサポートもしてほしい
  • 税理士には資金調達の情報提供もしてほしい
  • 面談はwebで良いので費用を抑えたい
  • 人材不足なので経理業務の効率化をしたい
  • 税理士にはすべての経理業務をやってほしい

このような悩みをお持ちの法人様におすすめです。

それぞれのお悩みにお応えできる4つのプランをご用意しています。

 

freee × 創業支援

わたしも創業者です。創業の楽しさも苦労も経験した者にしかわかりません!

当事務所では名ばかりの創業支援ではなく、料金・サービスの両面で支援いたします。

創業2年目まで月額10,000でOK!

創業2年目までのご契約に限り、創業3年目以降も年商1,000万円未満の場合は継続支援させていただきます!

すみません!

申し訳ありません。創業支援プランは、現在支援枠が埋まっており、新規のお問い合わせをお断りさせていただいております。

 

 

サービス内容

freee × 創業支援
freee × 継続支援

創業 1 年目

10,000円/月

創業 2 年目

10,000円/月

創業 3 年目以降

10,000円/月

 質問・相談
 freee導入サポート
 会計チェック
 記帳相談・経理合理化提案
 納税予測・節税提案
 決算・申告 決算申告報酬80,000円
 決算・申告作成サポート
 訪問 オプション
 チャット・web面談
 資金繰り・金融機関対応 オプション
 融資サポート
 年末調整 〇(5名まで無料)



  • 消費税申告報酬:原則課税25,000円・簡易課税10,000円
  • 訪問:5,000円/時間
  • 資金繰り・金融機関対応:資金調達額×2%(成功報酬)
  • 税務調査の立会い:50,000円/日

  • 融資サポートは融資に必要な資金繰り表や試算表などの作成です
  • 年末調整及び法定調書、償却資産申告書作成を含んでおります。5名超過分は2,000円×従業員数とさせていただきます
  • 年商は、前年度のすべての収入(売上・雑収入・特別利益等)を加算したものとさせていただきます
  • 創業2年目の年商が1,000万円を超える場合、3年目以降の継続支援プランは適用されません
  • 金額には freee の利用料は含んでおりません
  • 金額は税抜金額です。別途消費税を頂戴いたします
  • 基本的に訪問はなく、チャットやweb面談ですので全国対応可能です


お問い合わせ

 

freee × 業務効率化

経理業務の効率化を検討している法人様におすすめのプランです。

経理業務は、ひとつの取引でもかなりの作業が発生します。

たとえば、ひとつの売上で想定される作業がこちら。

今月はA社さんから受注があったよ。
では、請求書作っておきますね。
(あと、売掛台帳もつけないといけないな・・・)
(それと、振替伝票もつくって・・・)
(そして会計ソフトに入力して・・・)
(後日、入金確認も忘れずにしておかないと・・・)

また、このような経理業務をそれぞれのソフトで行っていることが多いものです。

すると、二重、三重のチェック体制が必要になり、結果的にさらなる作業量が増えることになります。

ところが、freee を使って請求書を作るだけでこれらの経理業務から解放されます。

請求書の発行と同時に仕訳が入力され、入金時には債権の消込を予測してくれ、個別の債権管理もできます。

つまり freee 内でこれらの経理業務が完結するというわけです。

これは経理効率化のほんの一例です。

 

経験上、歴史ある法人様ほど、経理業務を複雑化してしまっているケースが見受けられます。

歴史あるゆえ、失敗やミスの経験が厳重なチェック体制を生み、経理業務が複雑化したのでしょう。

経費削減の意味でも、まずは経理業務の効率化を検討してみてはいかがでしょうか。

経理業務の効率化を図ることで、人件費や経理ソフト代を削減できますし、

経理の人材を本業に配置こともできるのではないでしょうか。

 

 

サービス内容

freee × 業務効率化プラン

年商1,000万円未満

10,000円/月

年商5,000万円未満

20,000円/月

年商5,000万円以上

25,000円/月~

 質問・相談
 freee導入サポート
 会計チェック
 記帳相談・経理合理化提案
 納税予測・節税提案
 決算・申告 確定申告報酬100,000円
 決算・申告作成サポート
 訪問 オプション
 チャット・web面談
 資金繰り・金融機関対応 オプション
 融資サポート
 年末調整 オプション



  • 消費税申告報酬:原則課税25,000円・簡易課税10,000円
  • 訪問:5,000円/時間
  • 資金繰り・金融機関対応:資金調達額×2%(成功報酬)
  • 年末調整及び法定調書、償却資産申告書作成:基本料金20,000円+2,000円×従業員数
  • 税務調査の立会い:50,000円/日

  • 融資サポートは融資に必要な資金繰り表や試算表などの作成です
  • 年商は、前年度のすべての収入(売上・雑収入・特別利益等)を加算したものとさせていただきます
  • 金額には freee の利用料は含んでおりません
  • 金額は税抜金額です。別途消費税を頂戴いたします
  • 基本的に訪問はなく、チャットやweb面談ですので全国対応可能です


お問い合わせ

 

freee × 財務部長代行

資金繰り、融資対応もしてほしいとお考えの法人様におすすめのプランです。

コロナ禍で資金繰りや融資の大切さを痛感されたのではないでしょうか。

誰も想定できなかったことが起き、一瞬にしてほとんどの会社が資金に窮するという異常事態でした。

上手に政府の資金繰り支援を受けられた法人様はまだ良い方です。

「融資に対応できていない決算書が信用を損ない、支援を断られた」

「こちらから聞かないと、なにもしてくれなかった」

「うちの税理士は政府の資金繰り支援策自体知らない様子だった」

実際にわたしが同業者や、お客様からお聞きした実話です。

これからの経営には、お金の情報に疎い税理士との関与は命取りではないでしょうか。

経営者には経営だけに集中していただくため、当事務所が主体的に金融機関からの資金調達を行うサービスです。

 

 

サービス内容

freee × 財務部長代行プラン

年商1,000万円未満

35,000円/月

年商5,000万円未満

45,000円/月

年商5,000万円以上

50,000円/月~

 質問・相談
 freee導入サポート
 会計チェック
 記帳相談・経理合理化提案
 納税予測・節税提案
 決算・申告 確定申告報酬100,000円
 決算・申告作成サポート
 訪問 オプション
 チャット・web面談
 資金繰り・金融機関対応
 資金繰り・財務会議
 年末調整 オプション




  • 消費税申告報酬:原則課税25,000円・簡易課税10,000円
  • 訪問:5,000円/時間
  • 年末調整及び法定調書、償却資産申告書作成:基本料金20,000円+2,000円×従業員数
  • 税務調査の立会い:50,000円/日

  • 資金繰り・財務会議は4回/年 程度となります
  • 年商は、前年度のすべての収入(売上・雑収入・特別利益等)を加算したものとさせていただきます
  • 金額には freee の利用料は含んでおりません
  • 金額は税抜金額です。別途消費税を頂戴いたします
  • 基本的に訪問はなく、チャットやweb面談ですので全国対応可能です


お問い合わせ

 

freee × 丸投げ

帳簿づけは教えてもらってもよくわからない。もう全部任せたい・・・
従業員の退職を機に、すべての経理業務のアウトソーシングを検討している
忙しくて経理業務まで手が回らない。でも、ひとを雇ってまでではない・・・
奥さんに帳簿づけをしてもらっているけど、お金の使いみちでケンカになる。どうにかならんかなぁ
経営のことだけに集中できるよう経理業務をサポートしてほしい
従業員には会社の経営状態を知られたくない

経理業務について、このような悩みをお持ちの法人様におすすめのプランです。

経理機能のすべてを当事務所にアウトソーシング可能です。

当事務所で freee への入力・記帳から決算・確定申告を代行。

ご希望によっては、財務機能もプラスできます。

 

 

サービス内容

freee × 丸投げプラン

年商1,000万円未満

25,000円/月

年商5,000万円未満

40,000円/月

年商5,000万円以上

45,000円/月~

 質問・相談
 freee導入サポート
 会計チェック
 記帳相談・経理合理化提案
 納税予測・節税提案
 決算・申告 確定申告報酬100,000円
 決算・申告作成サポート
 訪問 オプション
 チャット・web面談
 資金繰り・金融機関対応 オプション
 融資サポート
 年末調整 オプション



  • 消費税申告報酬:原則課税25,000円・簡易課税10,000円
  • 訪問:5,000円/時間
  • 資金繰り管理及び金融機関対応(財務機能):25,000円/月
  • 年末調整及び法定調書、償却資産申告書作成:基本料金20,000円+2,000円×従業員数
  • 税務調査の立会い:50,000円/日

  • 製造原価報告書や部門別会計など特殊な経理処理が必要な法人様については、それぞれ5,000円/月 を加算させていただきます
  • 融資サポートは融資に必要な資金繰り表や試算表などの作成です
  • 年商は、前年度のすべての収入(売上・雑収入・特別利益等)を加算したものとさせていただきます
  • 金額には freee の利用料は含んでおりません
  • 金額は税抜金額です。別途消費税を頂戴いたします
  • 基本的に訪問はなく、チャットやweb面談ですので全国対応可能です


お問い合わせ

 

他事務所とのサービスのちがいとお客様への姿勢

他事務所とのサービスのちがいとお客様への姿勢

  • 経理の効率化を考えます
  • ムダのない適時適量のサービスを提供いたします
  • 大切な「お金」を守ります
  • もし自分が税理士に依頼するなら「どんな税理士に関与してもらいたいか」をつねに考える

 

経理の効率化を考える

これはほんとうにずっと言われていることですね。

でも多くの中小企業では遅々として進まない。

なぜでしょうか。

いろいろあるとは思いますが、わたしが考える理由は3つあります。

  1. 経営者自身が経理に興味がない
  2. 経理担当者はミスなく仕事をしたいと考える方が多いので、変化を嫌うことが多い
  3. 経理の効率化システムを会社の経理状況に合わせようとする

ひとつずつ見ていきます。

経営者自身が経理に興味がない

興味がないので、むかしのやり方からアップデートされていません。

むかしのやり方からアップデートされていない会社の経理業務のほとんどが「とくにやらなくても良い事」かもしれません。

「とくにやらなくても良い事」を人件費をかけてやっているわけです。

経理の効率化はすべての会社がするべきとは思っていませんが、効率化した方が利益体質の組織になると考えています。

経理が効率化すれば、片手間で処理できます。何人もの体制で処理する必要がないんです。

結果的に経理を担っていた人材を別の事業に配置できます。

お金を生まない経理業務は、なるべく手をかけないようにするべきではないでしょうか。

経理担当者はミスなく仕事をしたいと考える方が多いので、変化を嫌うことが多い

なんでもそうですが効率化となると、多少のパソコン操作や、データ連携が必要になるので、拒否反応を示す方はいるものです。

そういった場合は、経理の効率化の手順と結果を明確にすることが重要です。

経理担当者がいちばん経理の大変さを理解していますので、結果がわかれば経理の効率化をやってみようと思うはずです。

この手順で進めれば「残業しなくても良いんだ」、「これまでの面倒な作業から解放されるんだ」という結果を示さないといけません。

決して、経理の効率化システムを導入して経理担当者へ丸投げしてはいけません。

経理の効率化の手順と結果の提案は、当事務所にお任せください。

経理の効率化システムを会社の経理状況に合わせようとする

これでは経理の効率化は進みませんし、専門知識やお金が余計にかかることになって途中でやめてしまいます。

じつは、まったくの逆なんです。

経理の効率化システムに合うよう、会社の経理状況を変化させることが重要です。

こちらの業務についても、当事務所が会社の状況に見合った経理の効率化を提案させていただきます。

 

ムダのない適時適量のサービスを提供いたします

freee を活用したサービスでは、基本的にムダなものは省き、適正価格でのサービスを提供しております。

たとえば、面談についてはオプションとしています。(ただし、初回や契約時、経理の効率化を考える上で、こちらが必要と判断した場合は無料で訪問させていただいています。)

申告書の控えについては基本的にデータ納品、製本納品はオプションとさせていただいています。

このように、オプションは足りないなと感じるお客様、必要な方のみご利用いただければと考えております。

お客様にとって、たいして役に立たないありがた迷惑なサービスを付加することで、顧問料を引き上げようとは考えておりません。

当事務所はムダのない適時適量のサービスを適正価格で提供いたします。

 

大切な「お金」を守ります

わたしたちの仕事は、税金を計算する仕事。

「とにかく少ない税金!」を追求する税理士事務所も多くありますが、わたしたちはそうではありません。

とにかく少ない税金を追求できるのは、金融機関と付き合わなくてもよい資金力のある会社だけです。

失礼ながら、ほとんどの中小、小規模零細企業様は、このステージではないと考えます。

当事務所は税金よりも「お金」のことを優先しています。

税金を払いたくない気持ちはわかります。わたしもそうです。

ですが、創業時期や資金繰りが厳しいときに節税をしてしまうと、資金調達のカードを自ら手放してしまいます。

これは事業の成長はもちろんのこと、会社存続にかかわる重要なカードです。

これはなにも法人様に限った話ではありません。

フリーランスや個人事業主の方が、プライベート経費をどんどん入れることで節税(場合によっては脱税)した結果、住宅ローンの審査がなかなか下りないということもあります。

過度な節税をすることで、お金と利益を減少させ、返済原資がない決算書ができあがります。

返済原資がない決算書とは、「お金を借りても返せませんよ」という決算書です。

金融機関は返せるところにしかお金を貸しません。

当事務所では、金融機関と上手にお付き合いできるようにサポートいたします。

また、当事務所は節税を提案しない税理士事務所ではありません。

節税は「お金」を守るひとつの手段だと考えていますので、当事務所ではお金が残る節税を提案いたします。

 

もし自分が税理士に依頼するなら「どんな税理士に関与してもらいたいか」をつねに考える

「いまの説明(対応)で大丈夫か?」「お客様はほんとうに理解されているか?喜んでもらえたか?」というセルフチェックをすることで、初心を忘れないようにしています。

ある年、お客様からいただいた年賀状に、こう書かれていました。

「松澤さんのおかげです!本当にありがとうございます。今後もよろしくお願いします。」

そのお客様は、わたしがこの業界に入ってすぐに担当させていただいた法人様で、当時はほんとうにいろいろあり、それこそ倒産寸前でした。

わたしも経験がない分、会計や税法の勉強はもちろんのこと、(問題がいろいろあったので)専門外のことまで調べたり、上司に助けてもらったりと問題解決に必死でした。

結果的に2、3年で多くの問題が解決でき、利益体質で、お金が目に見えて残る会社に変貌しました。

そのお客様は10月決算でしたので、12月末の仕事納めギリギリに申告書を提出していたことから、冒頭の年賀状につながったのだと思います。

当時はほんとうに嬉しくて、人様からこんなに感謝される税理士業という仕事の素晴らしさに感動しました。

 

今後も人様からほんとうに喜んでもらえる仕事がしたいと考えた結果、つねに自分自身を客観視することに思い至りました。

年齢や経験を重ねるにつれ、お客様への対応方法が変わったとしても、お客様への姿勢は変えたくないと考えています。

もし自分が税理士に依頼するなら「どんな税理士に関与してもらいたいか」をつねに考える。

もっともそうなことを書いておいて、単純に気にしいな性格が影響しているだけかもしれませんが・・・笑

 


 

以上が当事務所のサービスやお客様への姿勢です。

気になるサービスやプランなどございましたら、ご質問だけでも結構です。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

 

2019年7月21日

© 2021 松澤税理士事務所